・ものづくり日記

2021-07-20 15:35:00

自然に近づくこと

5BCF68C6-C0A0-44EE-9286-47DBEB432F58.jpeg

 素潜りで獲ってきた夜光貝

 

 自然の中には、さまざまな色や模様があり、それらを纏う質感がある。

それが意図的なものか偶然かは神のみぞ知ること。

絵を描くこと、モノを作ること。

ちっぽけな人間、つまり私が作り出すものは意図が丸見えで全く面白くない。

狙わないわけではないが、偶然的に生まれてくる模様や質感が作れたらいいなと思うのです。

でも、ちっぽけな私はそんな偶然さえも求めてしまっているようです。

そんなことを考えず、ただ淡々と作ること、意図を挟み込まずただ無心になること、

その結果として生まれる色や模様、質感こそが神に近いもの、つまりは自然に近いものなのかも知れない。